ブログ/
家づくりコラム

家づくりコラム

建物・家づくりについて

2022.06.30

注文住宅を建てるなら土地と施工会社どっちから先に決めるといい?

#nagomi

 

夢のマイホームを建てるからには「理想を詰め込んだ最高の家にしたい」と思うのは当たり前のことかもしれません。

自身の要望を叶えられる住宅、それが注文住宅です。

しかし、注文住宅は基本的に土地と建物を別途で契約するため、どちらから先に決めるべきなのかわからなくなってしまう方もいたりします。

施工会社によっても条件が変わるため、慎重に判断しなくてはなりません。

 

今回の記事では、注文住宅を作る際、土地と建物はどちらを優先すべきなのかについて解説します。

本来であれば、担当してくれる施工会社にも相談すべきなのですが、まずは当記事を読んで、それぞれのメリット・デメリットについて詳しく見ておきましょう。

ここでは専門用語などは使わずにわかりやすくまとめるので、これから注文住宅を依頼したいという方は、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

 

土地と施工会社のどちらから決めれば失敗しないのか?

 

注文住宅において土地と建物、どちらを先に決めるべきなのかというのは一概に判断するのが難しいです。

仮に土地を先に決めるとはいっても、そもそも自分たちが住みたい土地がどこなのかによって空き状況も変わってきます。

また、実際に手が届くくらいの土地代なのかどうかでも変わってしまいます。

逆に建物を先に決めるとはいっても、そもそも施工会社がたくさんあって決めかねる場合も多く、どのような建物にしたいのかもそれぞれ変わってきます。

そのため、土地を優先すべきなのか建物を優先すべきなのかは状況によって変わってくるわけです。

 

ただ、多くの場合は施工会社を優先した方が良いといわれています。

もちろん、施工会社を優先するあまり、周辺環境が劣悪な地域を選んでしまっては本末転倒です。

しかし、施工会社によっては「うちに注文してくれるなら建物だけではなく土地も案内できます」と打診してくれるところもあるのです。

そのため、土地よりは建物、施工会社の方を優先した方が良い結果になりやすいといえます。

 

もちろん、どちらを選ぶべきかに正解不正解はありません。

どうしても住みたい土地があるのなら土地を優先する方が良いです。

逆に、どうしても建物にこだわりたいなら、理想の建物を立ててくれる施工会社を優先する方が良いです。

 

結論としては自身の将来設計も含め理想の家がどういったものなのか、何週間、何ヵ月とかけて考えていくのがベストといえます。

 

土地を優先するメリット・デメリット

 

ここからは土地を優先するメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 

土地を優先するメリット

 

以下、土地を優先するメリットです。

 

▼理想の地域を選べる

誰しも「ここに住んでみたい」という土地があるものです。

自分が育ってきた地元に暮らしてみたいという方もいれば、思い切って知らない場所で暮らしてみたいという方もいるはずです。

理想の地域というのは人によって違うため、どうしても住みたい地域があるということなら、土地を優先した方が良いですしょう。

土地を優先すれば「海が見える町に住む」「森に囲まれた町で暮らす」など、理想の生活も思い描きやすいです。

 

▼周辺の環境に恵まれる

土地を優先すれば周辺の環境にも恵まれます。

たとえば、地域によっては教育機関や医療機関が充実している地域もあれば、そうでない地域もあります。

当然ながら、そのほかにも商業施設が多いかどうか、交通機関が通っているかどうか、コンビニやスーパーがあるかどうかなど、周辺の環境で快適な暮らしになるかどうかが左右されます。

そういった意味では土地を優先した方が、周囲にも恵まれやすいです。

 

▼近所の関係も楽

新たに住宅地として開発されている新興住宅地には、新たに引っ越してくる人が居住します。

そのため、古くからその地で暮らしている人もいません。

近所との関係も比較的楽に構築できます。

もちろん、引っ越してくる人がどのような人なのかは予測できませんが、同じようなタイミング引っ越してきた人同士であれば、近所付き合いも良好に築きやすいかもしれません。

これは数年、数十年と住み続ける上で、とても重要な要素といえます。

 

土地を優先するデメリット

 

以下、土地を優先するデメリットです。

 

▼予算を超過するかもしれない

一般的には、やはり都会の土地は高く、田舎の土地は安い傾向にあります。

当然ながら発展している地域でより良い暮らしを送ろうと思えば、土地もそれなりの値段となることを覚悟しなくてはなりません。

特に、家の費用は当初の予算より膨らみやすいため、土地を優先すると予算を超過してしまう可能性が出てきます。

 

▼条件が指定されるかもしれない

自分自身で土地を見つける際、その土地ごとに設定されている条件(建物の高さ制限など)を知らずに取得してしまうこともあるかもしれません。

また、いざ建物を建てる状況になってから新たに条件が指定されることもあります。

そのため、どのような建物にするべきなのかも同時進行で考えておかなくてはなりません。

 

▼健康の被害が出るかもしれない

住んでみたいと思う土地に予算の多くを割いてしまうあまり、建物を最低限のものにしてしまうという方もいます。

しかし、当然ながら素材を選ばずに安価なものだけで構築してしまうと健康被害が出ることもあります。

もちろん、建物に使用される素材は人体に影響のないものが使用されていますが、どうしても人によって相性があるわけです。

素材によっては拒絶反応が出ることもあるので、そこは土地だけではなく建物へのこだわりも大切にしましょう。

 

施工会社を優先するメリット・デメリット

 

ここからは施工会社を優先するメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

施工会社を優先するメリット

 

以下、施工会社を優先するメリットです。

 

▼予算を調整できる

施工会社を優先すれば予算も調整しやすいです。

実際に建物というのはこだわればこだわるほど高くなってしまいますが、逆に節約すれば予算も抑えられます。

立地にこだわるのであれば土地を優先すべきですが、やはり実際に生活を送るのは建物の中となるため、自身に合った家作りを中心に進めていくのが良いでしょう。

それが夢のマイホーム作りにつながっていきます。

 

▼理想の設計にできる

建物は人によって理想とするものが異なります。

たとえば、家の向きからして好みが分かれますし、間取りもそれぞれ好みが大きく分かれてしまうわけです。

当然ながら、土地を先に決めてしまってはその範囲内で作らなくてはならないため、理想を詰め込むどころではありません。

逆に、建物を優先すればある程度は要望を叶えられます。

施工会社によっては自社で案内できる土地も用意できるため、それに合わせた設計ができるのも強みといえるでしょう。

 

▼素材も選択できる

建物に取り入れる素材も選べるのが施工会社を優先する魅力と言えます。

実際に建物にどのような素材を取り入れるかによって、家そのものの印象が大きく変わるわけです。

たとえば、木造なのか鉄筋コンクリート造なのかで雰囲気は異なるほか、単に居住する際の快適性も変わります。

通気性はもちろん採光性、耐久性などそれぞれの性能というのも変わってくるでしょう。

施工会社を優先すればそれら素材も選択しやすいため、より自分の体質に合わせた家作りも実現可能です。

 

施工会社を優先するデメリット

 

以下が、施工会社を優先するデメリットです。

 

▼計画が頓挫するかもしれない

どれほど理想の住宅を思い描いても、土地がないことには始まりません。

施工会社が案内してくれる土地で決めてしまうのなら良いのですが、建物だけではなく土地も自分で決めたいとなるとハードルはかなり上がってしまいます。

理想とされる土地はすでに売れていることも多く、建物の計画だけは完璧なのに肝心のそれを建てる土地が見つからないということもあるのです。

そうなれば、計画自体が頓挫する可能性も否めません。

 

▼生活が不便になるかもしれない

どうしても住環境にこだわりたい場合は建物を優先すべきですが、土地を適当に選んでしまうと生活で不便を感じることも多くなります。

仮に電車もバスも通っていないような土地であれば、車が必須となってしまいます。

車を持つことに抵抗がないなら良いのですが、それら移動手段が限られる地域というのは総じて周辺環境も整っていないケースが往々にしてあります。

実際に暮らすイメージを持って建物と土地の両方を選びたいところです。

 

▼売却に影響が出るかもしれない

土地をないがしろにするあまり、売却する際に影響が出てくることもあります。

建物というのは経年劣化によって老朽化が進むと、当然ながら資産としても価値も下がってしまいます。

なかには数千万円で取得した家が、数年後数十年後には数百万円にまで暴落していることもあるわけです。

このように、土地も適当な場所を選んでしまうと、リセールバリューも期待できません。

ライフスタイルの変化でいずれ家を売却すると考えているのなら、土地と建物の両方で価値を保てるような将来設計をしたいところです。

 

建築会社を先に決めるのが良い理由

 

ここまで土地と建物のどちらを優先すべきなのかまとめてきたわけですが、結論をいうとどちらも気を抜かずに選ぶのが理想といえます。

しかし、強いてどちらか一方を選ぶということなら、建築会社から選んだ方が良いかもしれません。

 

前述の通り、建築会社によってはより良い土地を案内してくれるところもあります。

そのため、先に土地を決めてしまっていると建築会社が把握している好条件の土地を逃してしまうことになるのです。

むしろ、それらの建築会社を選べば、その土地に合った最適な建物を建ててくれるので、より失敗も防げるわけです。

 

どうしても暮らしてみたい土地があるのなら別ですが、まずは大雑把に地域を決めて、そこに根差している建築会社から選びましょう。

そうすれば自ずと理想の土地も見えてきますし、こだわりを詰め込んだ建物も作れるようになります。

 

まとめ

 

注文住宅は土地も建物も自分で選べる反面、どちらから先に決めていくべきなのか迷ってしまうことも多いです。

実際に土地から決める人もいれば、建物から決める人もいます。

しかし、総じて施工会社を先に決めてから計画していった方が良いといわれています。

なぜなら、建築会社によって用意できる土地などもあるため、より好条件の地域に建物を建てられる可能性があるためです。

こればかりはどこに依頼するかによっても違ってくるので、まずは地元密着型の工務店やハウスメーカーを見つけて相談してみましょう。